セカンドライフと FX > 温泉

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉

新潟の秘湯



燕温泉の河原の湯温泉と


黄金の湯。


新潟妙高山の中腹にある両温泉は謙信公を癒した


といわれる「仏の湯」として有名。



周りは太田切渓谷、そそり立つ岸壁と、目に入る鮮


やかな新緑と、ところどころの残雪と、こだまする


鳥の鳴き声にストレスも忘れてしまう仙人秘湯だ。
スポンサーサイト

温泉

紫陽花



日本は全国に温泉があって、 その土地その土地の季節の花が心


を癒してくれて、ほっとした安堵感をあたえてくれる。   


北海道から沖縄までのんびり温泉旅行ができたら僕楽浄土だな。


まもなく梅雨の時期だから日本全土が紫陽花で覆われる。     


温泉につかりながらの紫陽花は優雅だろうな。

温泉

日本最古の温泉


西山温泉

日本最古の温泉で705年飛鳥時代に発見された。 温泉の旅>山梨の温泉
蓬莱館  大きな黄色い湯の花が舞う南アルプスの秘湯

南アルプスを源流とする早川。川幅が狭いところでは巨岩による渓谷美を造り、

川幅の広いところではきれいな河原を造っている。

この早川に沿って南アルプス街道をさかのぼっていくと西山温泉に到着する。

西山温泉は日本でも有数の古湯といわれる。温泉の発見は慶雲2年(705年)。

藤原真人が釣りの最中に川岸から湧きだしているのを発見したという。その130

0年の歴史には孝謙天皇や武田信玄、徳川家康も入湯したと伝えられ、胃腸病

や婦人病に効めのあるお湯として知られてきた。

3軒ある宿のそばには山がせまり、すぐ近くの奈良田温泉よりも秘湯のムードは

高い。

蓬莱館へは橋の手前の階段を登っていく。入口を入ると近代的なロビーがある。

初めて訪れた客には旅館の人が、この温泉の説明や湯の花の見本を見せてくれ

る。その後、奥の浴場まで案内してくれる。

鉄筋コンクリートの新館を出ると後ろには自炊部の木造3階建ての建物が建って

いる。この建物の中に浴場がある。

お風呂は混浴の大浴場と女性用の内風呂がある。

混浴のお風呂は脱衣場は男女別々で大きな四角の湯船を3つに仕切り、適温、

少しぬるめ、ぬるめの3つの温度に分けている。

お湯は透明で湯船の底には西山温泉特有のレモン色の大きな湯の花が沈んで

いる。感じとしては缶詰のミカンがレモン色になったようなもので、触ると弾力性が

ある。ロビーで見本を見ているのたが実際に湯船にあるのを見ると、とても不思

議な湯の花だ。

湯船には2筋になって源泉が注がれている。飲泉も可能で胃腸病や糖尿病に効

果がある。お湯はかけ流し。
引用元=http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/T-Yamanashi06.htm

温泉

露天風呂から太平洋が一望できる!


露天風呂から太平洋が一望できる!   この眺めはいいな。  

   のんびりと全てをわすれて、命のせんたくだよ!   

   セカンドライフは温泉めぐりで楽しくやりたいよ!

南紀白浜温泉は、道後温泉、有馬温泉とともに、日本三古湯(にほ

んさんことう)と呼ばれる、伝統のある由緒正しい名湯です。

白浜温泉の湯の良さは、白浜温泉外湯めぐり の共同浴場を巡れ

ば、すぐに分かります。さらに、湯めぐりを続けて行くと、場所によっ

て源泉が異なり、お湯を比較する楽しみこそが、白浜温泉の醍醐味

だと実感するに違いありません。

このように、白浜温泉の湯の良さを知れば、温泉好きなら泊まって

堪能することを考えたくなるもの。そして、折角泊まるのであれば、

宿泊者専用の南紀白浜ゆめぐり札 を購入して、湯めぐり出来る宿

に泊まることで、白浜温泉の素晴らしさを一層知り尽くしたいもので

す。

今回は、南紀白浜ゆめぐり札 が使える宿から、温泉浴場自体の満

足度で選んだ三軒の宿を紹介します!


白浜館で名湯の成分を視覚的に堪能!

ホテル古賀の井で自家源泉の名湯を堪能!

梅樽温泉ホテルシーモアの露天風呂で太平洋を一望!
引用元=http://allabout.co.jp/travel/meito/closeup/CU20070903A/index.htm

温泉

ホテル祖谷温泉




祖谷温泉(いやおんせん)は、徳島県三好市(旧国阿波国)にある

温泉。北海道のニセコ薬師温泉、青森県の谷地温泉とともに日本三

大秘湯の一つに数えられる温泉だ。



ここの地域は眺めも絶景だ。  日本の昔にタイムスリップしたような

印象をうけるよ!



ホテル祖谷温泉は日本三大秘境の景観を楽しみながらケーブルカ

ーで降りてゆく、全国屈指の名湯、源泉かけ流し露天風呂です。

ロビーより外へ出てケーブルカーへ乗り込む。ケーブルカーは一度

に17人まで乗れ、大き目のもの。

乗り込むと宿の方に「一番前へ座って出発ボタンを押してください」

と言われる。どうやら自分で操作して下まで下りるようだ。

ケーブルカー ケーブルカーの中

一番前に座るとジェットコースターにでも乗ったような錯覚に陥りこ

のまま落ちたら怖いだろうな・・などという良からぬ想像をしてしま

う。しかし景色はすばらしく遠くには川、周りは大自然が広がりこれ

を見るだけでも一見の価値がある。ケーブルカーが下まで下りると

川沿いに建つ小さな小屋へ着く。

引用元=http://www.hikyou.jp/tokusima/iya/iya.htm

天気予報

プロフィール

桃 太 郎

Author:桃 太 郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

合わせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

アフェリエイト

ブロとも申請フォーム



幸せな投資家になるための無料メール講座女性の喜び・嬉しさ・満足の顔をみてくださいの真実・実態・成功・評判。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。