セカンドライフと FX > 薬害問題

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬害問題

薬害エイズ 松村課長の有罪はとかげのしっぽ切りだろう!


  松村課長の有罪はとかげのしっぽ切りだろう!   表に出るのは

 課長までで、その上は権力の陰に隠れて、表にでることはないば

 かりか、罪で裁かれることもないのだ!

  福田無能首相 きちんと仕事してくれよ!    税金泥棒が!


薬害エイズ事件で業務上過失致死罪に問われた厚生省(現厚生労

働省)の元生物製剤課長・松村明仁被告(66)の上告審で、最高裁

第2小法廷は、松村被告の上告を棄却する決定をした。

 古田佑紀裁判長は「被告はエイズ対策の中心的な立場にあり、薬

事行政上、必要かつ十分な対応を図る義務があった」と述べた。決

定は3日付。松村被告を禁固1年、執行猶予2年とした1、2審判決

が確定する。

 行政がやるべきことをやらなかった「不作為」について、官僚個人

の刑事責任が最高裁で確定するのは初めて。これにより、「産・官・

医」の刑事責任が問われた同事件は終結する。

 決定はまず、薬害発生の防止について、「第一次的には製薬会社

や医師の責任で、国の監督権限は第二次的なものであり、行政の

不作為が直ちに公務員個人の刑事責任を生じさせるものではない」

と、指摘した。

 しかし、<1>非加熱製剤でエイズウイルス(HIV)に感染し、多数

の者が死に至る可能性が高いことが予想されていた<2>国が明

確な方針を示さなければ、安易な販売や使用が続けられる恐れが

あった--ような状況下では、「薬事行政の担当者には薬品による

危害発生を防止する注意義務が生じる」と判断。さらに、この防止

措置には、薬品の回収命令など薬事法に基づく強制権限だけでは

なく、行政指導といった任意の措置も含まれるとした。

 その上で、松村被告について、「他の部局と協議して必要な措置

を促すことを含め、十分な対応を図る義務があった」と述べた。

 松村被告は、1985年5~6月に非加熱製剤を投与された帝京大

病院の血友病患者と、86年4月に大阪府内の病院で同製剤を投与

された肝臓病患者が死亡した2事件で起訴された。1、2審は、帝京

大の事件で無罪、肝臓病患者の事件で有罪としていた。

引用元=http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/medicine_safety/
スポンサーサイト

天気予報

プロフィール

桃 太 郎

Author:桃 太 郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

合わせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

アフェリエイト

ブロとも申請フォーム



幸せな投資家になるための無料メール講座女性の喜び・嬉しさ・満足の顔をみてくださいの真実・実態・成功・評判。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。