セカンドライフと FX > 高校野球

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球

桐生第一高、甲子園出場へ=高野連


桐生第一高、甲子園出場へ=高野連、

1日に判断-野球部員逮捕

この判断はいかがなものか?  当事者は

野球部員であり、この非を認めないとなると、

歯止めはきかなくなるのではないだろうか?
 
全国高校野球選手権大会(甲子園球場)に

群馬県代表として出場が決まっていた私立

桐生第一高校の2年生野球部員1人が強制

わいせつ容疑で群馬県警太田署に逮捕された

問題で、日本高校野球連盟の西岡宏堂審議

委員長は31日、出場を直ちに差し止める必要

はない、との判断を示した。1日の全国理事会

で最終的な措置を決めるが、同校も出場を

希望しており、認められる方向だ。
引用元=http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/highschool_baseball/?1217506412
スポンサーサイト

高校野球

沖縄尚学敗れる!


    沖縄尚学・東浜初回5失点で涙

選抜Vの沖縄尚学敗れる!  これで選抜の3校が

消えた。    まだまだ波乱がありそうだな。 
 
沖縄尚学の春夏連覇の夢は破れた。2-5で浦添商

に敗戦。初回に5点を先制されたエース東浜巨(3年)

は2回以降立ち直り味方の援護を待ったが、打線は

終盤に2点返すのがやっとだった。「気持ちを整理でき

なくて、焦ってしまって点を取られました。負けたけど、

今までやってきたことを全部出し切れました。悔いは

ありません」。試合直後は少し目を潤ませた東浜だっ

たが、最後は笑顔で話した。
引用元=http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/highschool_baseball/?1215948901

高校野球

東洋大姫路敗れる。



春の選抜ベスト4の東洋大姫路が二回戦で敗れた。



プロも注目する佐藤もチームワークが乱れては、試合は勝てないのだ。


強豪校といえども、ミスは起きるし、それをいかにカバーするかがチームワークなんだ。



他にも番狂わせはあるだろうよ。


これがトーナメントの怖さだな。

高校野球

沖縄尚学 優勝 おめでとう!


 沖縄尚学 優勝 おめでとう!  点差ほどの差はないと思うけど、

決勝戦はえてしてこういう結果になるな。   これからは両校とも追

われる立場になるから、上がいなくなると、目標が見えなくなるか

ら、チームをまとめる監督さんも大変だな。  でも夏があるから大

丈夫かな?

沖縄尚学の勝負強さが聖望学園のしたたかさを上回った。

 沖縄は一回、先頭の伊古が右中間三塁打を放ち、伊志嶺への初

球が暴投となる間に先制点。二回は四球の波照間が盗塁後、嶺井

が送りバントで三塁に進め、続く新垣がスクイズバントを三塁前に決

め2点目。

 三回には聖望学園の2番手・石田を積極打撃で攻略した。1死

後、西銘、仲宗根、波照間が3連続長短打、さらに2死後にも新垣、

東浜、高甫が3連続長短打を浴びせ、一挙4点を加点。五回には1

死一、二塁から伊古が再び右中間を深々と破り長駆ホームイン。ラ

ンニング3ランで決定的な追加点を挙げた。

 聖望学園はエース大塚が立ち上がり、疲労から本来の投球ができ

ず精彩を欠いた。打線も、東浜の変化球主体の緩急をつけた投球

をとらえきれなかった。九回、先頭の代打・安藤が中前打を放つな

ど粘りをみせたが得点には結びつけられなかった。【海老名富夫】

 ▽沖縄尚学・比嘉公也監督 東浜は制球に苦しんでいたが、気合

で投げきってくれた。打線もしたたかに打ち崩した。最高のゲームだ

った。
引用元=http://sports.yahoo.co.jp/baseball/hs/news/20080404-00000069-mai-base/

高校野球

選抜ベスト4決まる!

せんばつ
関東の聖望学園と千葉経済付属と近畿の東洋大姫路、沖縄尚学が

4強入り。 明日はいよいよベスト4の激突。  ここまでくると、投手

の握力もかなり落ちてくるから、打たせて取る守備力がもんだいに

なってくるな。 ミスの少ないチームが勝ち残ってくるよ。

 第80回記念選抜高校野球大会(阪神甲子園球場、毎日新聞社、

日本高野連主催)は第12日の2日、準々決勝2試合が行われた。

第1試合は東洋大姫路(兵庫)が2-0で智弁和歌山(和歌山)との

近畿勢対決を制し、5年ぶりの4強入りを果たした。今大会屈指の

右腕・佐藤が、智弁和歌山打線を6安打完封し、三回に先制適時打

を放つなど投打に活躍した。

 第2試合は沖縄尚学(沖縄)が4-2で天理(奈良)に競り勝った。

一度は同点に追いつかれたが、中盤と終盤に効果的に加点。上原

亘-東浜の継投で、粘る天理をかわした。沖縄尚学の4強入りは優

勝した99年春以来。
引用元=http://sports.yahoo.co.jp/baseball/hs/news/20080402-00000073-mai-base/

高校野球

丸子修学館リズム狂わせ逆転負け!

丸子修学館悔しい逆転負け リズム狂った八回の守備

八回無死だった。左前にふわりと上がった飛球を丸子修学館の遊

撃手・平林と左翼手・下村が追った。下村が捕ったが2人は激しく交

錯。ともに担架で運ばれ長い中断となった。味方が直前に逆転して

託されたマウンドで、2番手の背番号1・竹内のリズムは乱れた。


 「気持ちは切れていなかった」と竹内はいう。しかし、言葉とは正反

対に再開後は死球、安打、四球。満塁で9番打者には甘い球を二

塁打されて3者が生還、リードはあっという間に消えた。失った勢い

は戻らず、竹内は中断後に対した6人を一人も打ち取れずに降板。

「悪い流れを断ち切ろうと力みが出てしまった」とうなだれた。


 0-3から七回に4番・春原の本塁打などで4点を挙げて逆転する

理想の展開。丸子修学館にとってはまさに天国から地獄に落ちたよ

うな出来事だった。


 終盤の継投はこのチームの象徴的な戦い方。竹内監督は「竹内

は本来はもっと投げられる投手。あのアクシデントで自分のリズム

がつくれなかったのだろう」。春原の打順に竹内が入った上、激突の

2人に逆転三塁打の西藤も脚のけいれんで、再開後にはオーダー

から消えていた。もう反撃の力は残っていなかった。勝利まであと2

回。甲子園初勝利を挙げた同じ長野の長野日大に続くことはできな

かった。



★春原、本塁打も「もう1本出ていれば…」

 丸子修学館の4番春原が七回に左翼ポール直撃のソロ本塁打で

チームを勢いづけた。「打った瞬間入ると思った」という手応え十分

の一発をきっかけに一度は逆転。ただこの回2度目の打席は二死

満塁で三振に倒れ「もう1本出ていれば違ったのに」と悔やんだ。


 八回はマウンドを降りた下村を残すため、左翼の守備を退いた。

ベンチから相手の猛攻を眺め「雰囲気を変えようと思って精いっぱ

い声を出した」と言うが、一気に逆転された。悔しい敗戦に「この経

験を生かして、夏また帰ってくる」と決意を口にした。
引用元=http://news.fresheye.com/clip/6015360/

高校野球

<センバツ>22日開幕!


<センバツ>22日開幕 V争い、常葉と横浜が軸も波乱含み
 第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟

主催)は22日、第1期改修工事が終わった阪神甲子園球場で13

日間に及ぶ大会の幕を開ける。優勝候補の軸は、連覇を狙う昨秋

の明治神宮大会覇者、常葉菊川と同大会準優勝の横浜。しかし、

両校は組み合わせで同じゾーンに入り、優勝争いは波乱含みとい

えそうだ。

 常葉菊川は、フォーム改良に取り組む左腕・戸狩の投球が注目さ

れる。リリースポイントを高くする一方、打者のタイミングを外す変則

フォームにも取り組んでおり、その成果がどう現れるか。控えの右

腕・野島の仕上がりもいい。打線は中川、酒井、伊藤ら昨年からの

主力を軸に今年も犠打を極力使わない強力打線。意表を突く走塁

も随所に見せ、相手に圧力をかける。

 横浜は投打に充実。投手陣は左の土屋、右の田山が安定してお

り、大崩れはしない。打線は筒香(つつごう)、小川健、土屋の中軸

に一発があり、攻走守の三拍子そろった1番・松本のセンスが光る。

総合的に完成度の高いチームだ。

 この2強が入るBゾーンは九州大会優勝の明豊、エース斎藤を軸

に堅守を誇る千葉経大付、神宮大会4強の東北など強豪がひしめ

き最激戦区といえる。

 甲子園練習で充実ぶりが際だったのは、Dゾーンの沖縄尚学と中

京大中京。

 沖縄尚学は屈指の右腕・東浜のマウンドに注目が集まるが、控え

にも大型左腕の上原亘らレベルの高い投手がそろう。中京大中京

は右の細川、左の竹内が投手陣の両輪。守りも鍛えられ、打線は4

番・井藤の打撃が目を引く。同じDゾーンには只野、田村の両投手

に安定感がある慶応、四国大会覇者の明徳義塾、チーム打率1位

の関東一などが入り、混戦模様だ。

 Aゾーンの履正社はエースの左腕・三村だけでなく、右の石井、ボ

イランら強力投手陣を誇る。初出場の聖望学園は剛腕・大塚の投球

に期待。Cゾーンでは、好投手、佐藤を擁して近畿大会を制した東

洋大姫路、主砲・坂口を軸に今年も強力打線の智弁和歌山、最速1

48キロの平生が大黒柱の宇治山田商が有力だ。
引用元=http://sports.yahoo.co.jp/baseball/hs/news/20080320-00000023-mai-base/

高校野球

高校野球、組み合わせきまる。

         高校野球組み合わせ決まる!

今大会の見どころを4つのブロックに分けて探ってみたい。


【Aブロック】開幕試合に21世紀枠が登場

 Aブロックには古豪と新鋭が集まった。リニューアル甲子園の開幕

試合は、昨秋の道大会を制した駒大岩見沢高(北海道)と21世紀

枠の成章高(愛知)の対戦。昨夏の甲子園、昨秋の神宮大会ととも

に初戦で敗退した駒大岩見沢高は全国で勝つ難しさを実感した。

『ヒグマ打線』で知られる同校だが、エースの板木勇幸がいかに失

点を少なくするかがポイントとなりそう。成章高は小川泰弘と丸山亮

太のバッテリーにすべてがかかる。大会そのものの流れを決める開

幕戦だけに、駒大岩見沢高・佐々木啓司、成章高・糟谷寛文の両ベ

テラン監督がいかに選手を落ち着かせるかも見ものだ。この勝者は

2回戦で近畿大会準優勝の平安高(京都)と対戦する。中国王者・

下関商高(山口)に挑むのは、悲願の甲子園初勝利を目指す履正

社高。三村庸平、石井禎章ら豊富な投手陣で、中国大会で3試合

サヨナラ勝ちした下関商打線を勢いづかせないようにしたいところ

だ。小松島高(徳島)は鳴滝拓馬から井内学への継投が自慢。一方

の聖望学園高(埼玉)は公式戦1試合平均11個以上の奪三振を誇

る大塚椋司を擁する。一昨年夏ベスト4の鹿児島工高(鹿児島)は

選抜準優勝の経験がある水戸商高(茨城)との対戦。この試合も内

村尚弘と若杉良平という絶対的なエースを擁する両チームだけに、

どちらが先に相手投手を崩すかがカギになりそうだ。



【Bブロック】地区大会優勝校5校が集う激戦区

 地区大会優勝5校に加え、国体優勝の今治西高(愛媛)や3年連

続出場の北大津高(滋賀)などが集まり、最激戦ブロックになった。

 1回戦は東北高(宮城)と北大津高の対戦。投打にわたってハイ

レベルの好試合が期待できそう。この勝者が2回戦で優勝候補の一

角を占める横浜高と対戦するのも楽しみだ。連覇を目指す常葉菊

川高は九州大会優勝の明豊高(大分)との顔合わせ。昨年の優勝

を経験している左腕・戸狩聡希にとっても、明豊打線は気が抜けな

いだろう。関東大会ベスト8ながら、ダークホース的な存在なのが千

葉経大付高。エース斎藤圭祐や主将の内藤大樹など甲子園を経

験している選手が多いのが心強い。対するのが初出場の興譲館高

(岡山)。持ち味の粘りが大舞台でも発揮できるか。長野日大高(長

野)と今治西高は投手を中心にした守りが生命線で、似通ったチー

ム同士の緊迫した試合が期待できそう。



【Cブロック】平生、佐藤ら右の好投手がひしめく

 宇治山田商高(三重)や東洋大姫路高など右の好投手を擁するチ

ームが集まったCブロック。

 1回戦は21世紀枠の安房高(千葉)と城北高(熊本)の対戦。城

北高のエース・村方友哉は秋の公式戦で75回を投げて、与えた四

死球が19と抜群のコントロールを誇る。対する安房高もエース佐野

公亮の安定感が光る。この勝者が大会屈指の速球投手・平生拓也

のいる宇治山田商高と対戦する。近畿大会優勝の東洋大姫路高

は希望枠の一関学院高(岩手)との一戦。一部では不調と噂される

東洋大姫路高の本格派右腕・佐藤翔太だが、大舞台に強い選手だ

けに本番までにはきっちり合わせてくるだろう。一関学院高は守備

力を評価されてはいるが、沼田尚志監督は打のチームとの認識を

持っている。公式戦で三塁打6本を打った菅原義信ら俊足の選手が

多く、佐藤との対戦が興味深い。鳥取県勢12年ぶりの勝利を目指

す八頭高は公式戦を1人で投げきった右腕・平木良典のピッチング

が生命線。対する宇都宮南高(栃木)も安定感抜群のエース・山井

佑太に全幅の信頼を置いている。校名変更後初めての甲子園とな

る丸子修学館高(長野)は智弁和歌山高との対戦となった。下村

尚之、竹内崇馬の継投で戦ってきた丸子修学館高が、坂口真規を

中心とする強力打線をどう抑えるかがポイントになりそう。



【Dブロック】強豪と伏兵入り混じり混戦が予想

 慶応高(神奈川)、明徳義塾高(高知)らが入ったDブロックだが、伏

兵的存在も多く混戦が予想される。

 1回戦は明徳義塾高と関東一高(東京)の対戦。両校は21年前

の59回大会1回戦で対戦した因縁のカード。この時は関東一高が

3対1と勝利し、そのまま準優勝まで駆け上がった。一方の明徳義

塾高はこれが甲子園で唯一の初戦敗退。当時阿部企業の監督だっ

た馬淵史郎監督もそのことを強く意識している。勝者は左のスラッガ

ー・井藤真吾を中心に長打力のある中京大中京高(愛知)と対戦す

る。敦賀気比高(福井)と天理高(奈良)の対戦も実力的には双へき

だ。敦賀気比高の2年生左腕・山田修義は先輩の内海哲也(巨人)

そっくりの投球フォームからの大きなカーブが武器。地味な印象な

がら、総合力では近年で一番高い天理高がどう山田を攻略するか

に注目だ。只野尚彦、田村圭のダブルエースを中心に優勝候補に

も挙げられる慶応高。対する21世紀枠の華陵高(山口)も中国大会

でベスト4に進出した実力がある。ロースコアの展開に持ち込めば

面白い試合となるかもしれない。県勢初の3季連続出場で甲子園経

験者が8人残る聖光学院高(福島)は、9年前の優勝校・沖縄尚学

高との対戦となった。防御率0.88の東浜巨、大型左腕・上原亘を

擁する沖縄尚学高相手に、昨春初戦敗退の経験を生かせるかがカ

ギになりそう。また、9年前のエースだった沖縄尚学高・比嘉公也監

督の甲子園初さい配も楽しみだ。
引用元=http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/hs/08spring/column/200803/at00016625.html

天気予報

プロフィール

桃 太 郎

Author:桃 太 郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

合わせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

アフェリエイト

ブロとも申請フォーム



幸せな投資家になるための無料メール講座女性の喜び・嬉しさ・満足の顔をみてくださいの真実・実態・成功・評判。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。