セカンドライフと FX > 名人戦

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人戦

羽生2冠 名人位を奪取!


将棋:名人戦第6局 羽生十九世名人に 森内に4勝2敗

将棋は羽生2冠が森内名人を4-2で下して十九世名人になったが、

会場となる天童ホテルでは、将棋タイトル戦を迎えるのは95年の棋聖

戦以来なので、スタッフも入れ替わり、タイトル戦での接遇経験があ

り、今回の名人戦にも携わるのは、女将(おかみ)の押野貞子さん(5

8)とルーム係のベテラン萬年みゆきさん(60)の2人だけだった。

 対局する森内俊之名人(37)と羽生善治王将(37)には、萬年さ

んを中心に、経験豊かなルーム係が交代で対局中のお茶出しや、食事の

世話をすることとなる。

 女将の押野さんは、「お二人には対局に集中し気持ちよく戦ってもら

えるように努めたい」と話す。

 20年以上のルーム係の経験がある萬年さんは「リラックスできるよ

うにお世話しようと思います」と話す。

 押野さんは「私たちのルーム係はお客さんに積極的に話し掛ける元気

な人が多いが、お二人は将棋で頭がいっぱいなので、妨げないように注

意したいですね」と心構えを語る。

 対局の2日間、対局者は部屋に戻って食事を取り、その間はルーム係

が接待する。

 ルーム係の一人の阿部敬子さん(58)は「萬年さんに教わり、打ち

合わせを重ねた。こちらが緊張しすぎて、粗相をしないようにしたい」

と意欲を語る。

ホテル側もかなりの緊張だ。   対局中は食事も重要な要素だ。

 35人いる調理スタッフも自慢の腕を振るい、対局者に力を出しても

らおうと待ちかねている。日本料理調理長の武田信太郎さん(38)は

「山形の旬のものを中心に出す。山菜は終わったので、月山細竹や山形

牛などを使いたい」と語る。「前夜祭などの宴会メニューとは別に、対

局中の朝昼晩の食事は、力が出しきれるものを工夫する」と準備に余念

がない。

 ホテル全体でも12日に、全従業員総出で、全館をあげて大掃除し

た。対局者に気持ちよく過ごしてもらうとともに、スタッフの士気を盛

り上げるためだ。 

引用元=http://mainichi.jp/enta/shougi/news/20080615ddlk06040135000c.html
スポンサーサイト

名人戦



森内名人、カド番しのぐ 。

名人ややリードで迎えた終盤、検討室で「決め手がなければ形勢は入れ

替わるぞ」と言われた局面から、角を交換して金の両取りをかけた87


手目先手4一角が好手だった。一気に挑戦者を受けの利かない形に追い

込んだ。


 名人戦第5局は6日午後8時34分、森内俊之名人が109手で挑戦

者の羽生善治二冠を破った。対戦成績を2勝3敗として、カド番をしの

いだ
引用元=http://www.asahi.com/shougi/news/TKY200806060035.html

豆知識=仙台弁講座

え えらいふりしてがいふってばりでやんだごだ 偉いつもりでほら吹きばかりで嫌だねえ

引用元=http://plaza9.mbn.or.jp/~konnok/carta.html

名人戦

名人戦第2局始まる。



名人戦第2局始まる。対局場は堺の茶室「伸庵」

この対局室は明治時代の名建築 で堺は千利休を生んだ地。対局室の茶

室「伸庵(しんあん)」は世界最大級の墳墓、仁徳天皇陵古墳に隣接し

た大仙公園内にある。明治時代の茶室建築の粋を集めたといわれる名建

築で、国の登録文化財だ。名人戦では、97年4月の第55期名人戦第

1局が指された。挑戦者の谷川浩司竜王(当時)が羽生名人(同)を破

って、十七世名人の資格を勝ち取った歴史的なシリーズだ。谷川九段は

今対局の立会人を務めている。

 堺は、明治から昭和にかけて活躍した棋士、阪田三吉の生誕地でもあ

る。関根金次郎十三世名人、木村義雄十四世名人との激闘は将棋史を彩

る。偉大な先人の功績を記念し、堺市は将棋の普及に力を入れている。

春に開かれている阪田三吉名人杯将棋大会は、多くの将棋ファンでにぎ

わう全国有数のアマ大会だ。同市堺区の市立人権ふれあいセンターにあ

る「阪田三吉記念室」には、将棋盤や駒など、ゆかりの品々が展示され

ている。

「1手損角換わり」に誘導した森内名人に対し、羽生挑戦者は「早繰り

銀」の積極策に出た。飛車先を交換した森内名人に対し、間をおかずに

すかさず▲7七桂。A級順位戦の最終局で、降級の危機にあった佐藤康

光二冠が木村一基八段に指した構想で、時間の使い方から見て用意の作

戦だろう。羽生挑戦者が▲3五歩と早くも仕掛け、緊迫した展開になっ

ている。
引用元=http://www.asahi.com/shougi/news/OSK200804220001.html

名人戦

森内名人、先勝!

森内名人は積極的に攻めるというより様子を見ながら指す。それに対する羽生2冠はあっと驚くマジッ

クで戦端を開くかと思っていましたが、慎重に対応していきましたね。第1局ということもあったのでしょ

うか。途中で羽生2冠が飛車角交換の手に出て、観戦者の間では「暴挙」の声も聞かれました。これで

急展開するのかと思ったら、強烈なねじり合いになった。結局、森内名人の粘り強い「鋼鉄流」の将棋

に、しびれを切らした羽生2冠が戦端を開いたのが早急過ぎたのでしょうか

東京都文京区の椿山荘で8日から行われた第66期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主



催、大和証券グループ協賛)の第1局は9日午後8時47分、97手で森内俊之名人(37)が挑戦者の

羽生善治王将(37)を降した。残り時間は森内1分、羽生10分。第2局は22、23の両日、堺市堺区

の伸庵で行われる。

 羽生の疑問手をとらえ、踏み込み鋭く攻め込んだ森内。迫力ある終盤戦を制し、5連覇に向けて好ス

タートを切った。 持久戦模様の展開が一転し、2日目の夕方から一気に終盤戦に突入した。羽生が8

六同飛(58手目)と飛車角交換を決断したからだが、この手が問題だったらしい。

 その後は互いに一歩も引かず、駒をはがし合う激闘となった。森内は自分の玉も危なく見える状況の

中で、的確に羽生の玉を追いつめていく。

 最後は森内の玉が詰まず、羽生が投了。優勢な局面をしっかり勝ちにつなぐ森内の強さが光った一

局となった。
引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000109-mai-soci

名人戦

今年の名人戦は椿山荘からはじまる。


今年の名人戦は東京の椿山荘で、4月8,9日からはじまるよ。

森内名人は永世名人の資格をとっているけど、羽生2冠はまだ

永世名人の資格をとっていないのだな。  今回は是が非でも

名人位がほしいところだろうな!

椿山荘は武蔵野台地の東縁部にあたる関口台地に位置し神田川に面した

この地は、南北朝時代から椿が自生する景勝地だったため「つばきや

ま」と呼ばれていた。明治の元勲である山縣有朋が明治11年(1878年)

に私財を投じてこれを購入し「椿山荘」と命名した。大正7年には大阪

を本拠とする藤田財閥の二代目当主藤田平太郎男爵がこれを譲り受け、

東京での別邸とした由緒ある建物である。
引用元=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E5%B1%B1%E8%8D%98

天気予報

プロフィール

桃 太 郎

Author:桃 太 郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

合わせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

アフェリエイト

ブロとも申請フォーム



幸せな投資家になるための無料メール講座女性の喜び・嬉しさ・満足の顔をみてくださいの真実・実態・成功・評判。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。